ホタルの里の周辺は自然が豊かで綺麗な環境が維持されているため、ホタル以外の
たくさんの生物が共存しています。

■ホタルの幼虫と一緒に見られる生き物
  ○オニヤンマの幼虫
  
ゲンジボタルの幼虫がいるところには、
オニヤンマの幼虫やサワガニが
良く見られます。

○サワガニ

○オオコイムシ
 ヘイケボタルの幼虫がいる浅い水溜りのような場所には、
 止水性のトンボの幼虫や水生のカメムシなどが見られます。
 写真は水生カメムシの一種、オオコイムシです。最近少なく
 なってきている生き物で、メスはオスの背中に卵を産み、
 オスが卵の世話をします。

■こんなホタルもいます
ホタルの成虫観察をしていると、草むらや木の枝に光っている幼虫を良く
みかけます。これはクロマドボタルという陸生のホタルの幼虫です。
ゲンジやヘイケの幼虫と違って表面は硬く、よろいを着ているようです。
陸生の巻貝(カタツムリの仲間)を餌にしています。この成虫は光が弱い
ので見つかることは稀です。ホタルの里ではたくさんの幼虫が観察できます

■ホタルの里で見られる生き物

○クロサンショウウオ

クロサンショウウオは、林の中に住んでいますが、ため池や田んぼ、
溝などに産卵のためにやってきます。
アケビの実の形をした白い卵は、春には良く目につきます。

○クロサンショウウオの卵

○ヤマアカガエル

ホタルの里では沢山のヤマアカガエルが繁殖しています。
ヤマアカガエルも普段は林に住んでいますが、早春になると田んぼに
産卵にやってきます。
ホタルの里の溜池でも沢山の卵の確認が取れます。

○ヤマアカガエルの卵

○モリアオガエル

モリアオガエルは、ため池や水溜りの水際の木に泡状の卵を産みます。
1匹のメスの産卵に多数のオスが集まり、精子をかけます。

○モリアオガエルの卵